紅葉ゴルフクラブ

ラウンドデビューまでの期間とゴルフレッスンについて

Pocket

初心者がいきなりコースに出てしまうと、一緒に回っている人たちに迷惑がかかってしまいます。例えば、なかなかグリーンにのらない、ラフに打ち込んでしまいボールを探さなければならない、などといったことが起こる可能性が高いのです。そんな事態を避けるためにも、デビューする前の期間は、しっかりと練習をしておきましょう。

だからと言って、素人が闇雲にやっても意味がないのです。それどころか、おかしな癖がつくとそれを改善するのに時間がかかるため、初めてゴルフに挑戦するなら専門の施設に行ってゴルフレッスンを受けておくのが良い方法です。基本的にはどこでも構わないのですが、できるだけでレッスンプロがいる施設に行く方が、結果的には早くうまくなります。

理由は、他人に教えるというのは想像しているよりも難しい作業です。仮に現役時代に素晴らしい成績を残しているプロゴルファーだったとしても、指導経験がないとまったく上達しないといったケースも珍しくありません。どれだけ長くやっているのかを聞いてみると良いですし、可能なら体験コースや見学会に参加して、指導を受けてわかりやすいかどうかを確認しておくと後悔しなくて済みます。

 

レッスンを受ける場合のポイント

 

具体的には一度にたくさんのことを言わないというのがポイントです。初心者はなおすところがたくさんあるのは当然ですが、すぐには改善できません。それを一つずつ解決するつもりで根気良く取り組んでくれるレッスンプロかどうかを見極めます。

 

知り合いなどに聞いて、良い講師がいるところを紹介してもらえるなら、手間がかからないので便利です。

それから施設内のチェックもしておきたいのですが、人気のある打ちっ放しなどに行くと、いつまで経っても順番が回って来ない場合があります。加えて人気の講師はすぐに他の人に取られてしまうため、予約を入れるか、別のところを探す方が効率的です。

 

レッスンの注意点

ゴルフレッスンを受ける側の姿勢も大切です。プロに指導してもらったからといって、劇的に良くなることは考えにくいです。

 

当然、ミスショットもするでしょうが、嫌になってその練習をやめてしまうのはもったいないです。どうしてもうまくいかないなら、遠慮ぜずに指導者に相談しましょう。

 

そして反復練習は欠かせません。練習場ではうまくできたとしても、いざコースデビューしてみたら、急に体が動かないなどといったこともよくあるのです。それは練習量が足りないことが原因かもしれないので、自宅に帰ってからも教わったスイングをやっておきたいところです。

 

デビューまでの期間について

さて、気になるのはデビュー期間はどれくらい必要なのかですが、上達してくるとすぐにコースに出たくなるものの、自分では客観的に判断するのは困難です。

 

先述した通り、練習場とコースではまったく雰囲気が変わります。おまけに屋外では風や雨の影響を受るので練習通りにいかないことが多いです。一番良いのはレッスンプロに判断してもらうことですが、実際のコースを使って練習ができるところに行けば、今のレベルがわかります。